2015-8-3 基礎知識

ここでは格安simの自分に合った選び方を紹介します。

1.使う端末

これはSIMフリーモデルの方は関係ありませんが、ソフトバンクやauの端末のかたは考える必要あがあります。
格安simを運用するに当たり条件としてsimフリーの端末、またはdocomoの端末という条件があります。(一部auも可)
もし手元にない場合やソフトバンクの端末しか手元にないという方は新たに購入するしかありません。しかし最近は格安simとSIMフリーモデルの端末がセットになっているものもあります。
またauの端末で格安simを使いたいという方は格安simの業者(MVNO)が選べる幅が狭くなってしまいますが使うことは可能です。

2.通話、SMSの有無

スマホを使う上でまず大事なのがデータ通信。
これは必須だと思います。
しかし人によって違うのが電話とSMSの有無です。
タブレットで通話あいらないという方は通話機能のついたsimは必要ないですし、携帯電話の毎月の料金を抑えたいけど電話はLINEなどのアプリじゃ対応しきれないから必要という風に自分の必要に応じて通話、SMS機能の有無を選びましょう。

3.月々のデータ使用量

これは使う方次第なのですが大きく値段が変わり一番節約できるポイントです。
例えば自宅ではwifiを活用し、外では動画などはあまり見ないという方は月に2G~3Gあれば十分すぎる程度の使用量だと思います。
また外でもガッツリネットで動画を見たい、自宅でもwifiがなく沢山通信するという方は大容量プランや無制限プランの格安simを使うことでキャリアの料金より格安でスマホを使うことが可能です。
携帯キャリアのデータ料金は大体推奨の5Gだと5000円程度の相場となっていますが、格安simの相場は2000円程度です。

4.月々の通話量

キャリアの大きな特徴は通話料金が一定という所です。
どんなにかけても約3000円が相場なのに対し格安simは30秒/20円という相場が一般的です。
これは大体1時間15分ほどの通話分と同じになります。
ネットの使用料金の分を大体計算すると月に2時間30分ほどとなるため月に2時間半以上の通話をされる方はキャリアでの契約がお得となります。
逆にそれ以下の通話量の方は格安simで使った分だけ支払うという形がお得に使うことが出来ます。

コメントは受け付けていません。