2015-9-12 iPhone

iphone6s

2015年9月9日にiPhone6sが発表され心待ちにしていた人も多かったのではないでしょうか?
iPhone6sではApple A9 + M9 モーションコプロセッサになったほか4Kでの動画撮影
また新たに新色でローズゴールドが追加されたりと一見同じような雰囲気ですが大きくバージョンアップしています。
まずは9月9日にアップルから発表された価格から見てみましょう。

iPhone6sの販売価格

  • 16GB 8万6800円
  • 64GB 9万8800円
  • 128GB 11万800円

iPhone6s Plus

  • 16GB 9万8800円
  • 64GB 11万800円
  • 128GB 12万2800円

上記はapple社から販売されるiPhoneの販売価格となっておりますが、キャリア(softbank、docomo、au)から分割で購入したばあいでもほぼ同じ金額を実質支払うことになります。

これを見て思うのは6の時よりも価格が上がっているということです。
キャリアで購入して使う場合でも割引が~と言いつつも実際は通信費から値引きがあるため上記の金額は負担となります。
ですので実際は安いプランにした場合で月額8000円ほどはかかってしまいます。

iPhone6s/iPhone6s Plusを格安SIMと使って安く使う方法とは?

これだけ本体代が高いと、格安SIMを利用して通信費だけでもコストを抑えたいですね。

1.アップルからSIMフリー版を購入し格安SIMを使う

  • (1)アップルストアから直接フリーsim版のiPhoneを購入
  • (2)格安SIMを提供している販売店より格安SIMの契約をする(例:ぷららモバイルLTE、楽天モバイル)

上記の記載の通り、使いたいSIMフリー版のiPhoneをアップルストアより購入し、そこから自分に合った格安SIMを使うだけです。
格安SIMはデータ通信量が自分に合った分を格安で使える、通話はつかった分だけという特徴があります
ですので、月に高速データ通信料が3GB以下という方は大体月額1000円+通話した分となります。
毎月1000円程度でiPhone6s/iPhone6s Plusが運用できるのはうれしいですね。
※3GBは毎日動画を30分程度みた場合の通信要領の目安です。



2.MNP等を利用して割引サービスを受けてキャリアのiPhoneを使う

  • (1)MNP(携帯乗り換えサービス)にて他社のキャリアへ乗り換えてiPhoneを契約する
  • (2)6ヶ月または180日過ぎたら契約している携帯会社を解約し、格安SIMを利用する

これは少し手間がかかります。

  • どうしてもキャリアのiPhoneじゃなきゃ嫌だ。
  • 知り合いがショップの店員でどうしても
  • 一括でiPhoneなんて購入できないよ。
  • 近所の割引サービスが破格の値段なんだ!

上記に当てはまる以外の方には、あまりオススメできません。

2015年5月1日よりSIMロック解除の義務化がスタートしました。
これはどのキャリアもSIMロックを解除できるようにしましょうというものです。
以前のiPhoneでは基本的にdocomoのiPhoneでしか格安SIMは運用できませんでした。
しかし、iPhone6s/iPhone6s PlusからはSIMロック解除の義務化のためどのキャリアでも格安SIMの運用が可能となります。

ですがここで注意しなくてはいけないのがどのキャリアも契約してから6ヶ月または180日以上経過していなければいけません。
ですので、6ヶ月または180日はキャリアを通常利用する必要があります。
6ヶ月または180日以上経過し、SIMロック解除ができましたらようやく格安SIMを使うことが可能です。
またキャリアの契約は一番安い電話もデータ通信も使わないプランにして違約金のかからない月まで眠らせておくか、解約する必要があります。

※softbankは、180日経過後にsimロックの解除が可能です。

コメントは受け付けていません。