2015-6-22 iPhone

iPhoneで格安simを運用したい場合。
最初に注意すべき点はiPhoneを使う場合は全体的に初期投資が高くなってしまうという所です。
そもそもiPhoneを一番最初に発売したのはソフトバンクですが、ソフトバンクではsimロックの解除を許可しておらず、回線の貸し出しもしていない為、ソフトバンクのiPhoneで格安simを利用する方法は難しいです。

また他の大手キャリアもsimロック解除はできませんが、格安simの会社を選ぶことで運用は可能です。
※格安sim会社が使用している回線と同じ回線であれば、SIMフリーにしなくても使えます。
例:格安SIM会社の回線がdocomoの回線であれば、docomoのiPhoneをSIMフリーにしなくても使う事が出来ます

1.iPhoneの選び方

Appleの公式サイトから注文することでsimフリーのiPhoneを購入することが可能です。
キャリアから購入する場合、キャリアの情報がサーバーに保存(キャリアロック)されているため好きな格安simを選ぶことが出来ないため少し選ぶ幅が狭くなります。
なお、携帯キャリアでのiPhoneを運用する場合でもソフトバンクのiPhoneの場合は現状格安sim運用は難しいためオススメしません。
また、auのiPhoneも格安simの会社がかなり少ない為、もし携帯キャリアのiPhoneを活用する場合はdocomoのiPhoneがオススメです。

何故なら殆んどの格安simの会社は、docomoの回線を使用しています。その為、docomoのiPhoneなら、SIMフリーにしていない状態でも利用が可能です。

但し、一番いいのはAppleの公式サイトからsimフリーのモデルを買い運用することですね。
※格安SIM会社により使用している回線は異なりますので、購入の際は必ず事前に確認するのがおすすめです。

2 simの選び方

simフリーモデルの場合は、好きな格安sim会社の好きなプランを選ぶことが可能です。
キャリアロックがかかっている(SIMフリーではないモデルの)場合でも、自分の端末をしっかり確認し、事前に調べて使えるか使えないかの判断が必要になってきますので、注意が必要です。

 

コメントは受け付けていません。